【一斉休校】子供1人に3万円の現金支給を NPO会見

全国の小中学校の一斉休校が経済的に困難な子育て家庭に深刻な影響を与えているとして、子育て支援に関わる複数のNPOが結成した「休校に苦しむ子育て家庭に給付金支給を求めるプロジェクト」は3月12日、厚労省で記者会見を開き、中学生以下の子供を持つ家庭に対し、児童手当の臨時給付金として、子供1人当たり現金3万円を支給するよう政府に求めた。

記者会見したのは▽NPO法人キッズドアの渡辺由美子理事長▽認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむの赤石千衣子理事長▽アドバイザーを務める末冨芳・日本大学文理学部教授――の3人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。