一斉休校での授業の遅れ 保護者の半数「公的支援」望む

認定NPO法人フローレンスは3月10日、休校・休園となった学校や幼稚園などに通う子供の保護者を対象に実施した、「一斉休校に関する緊急全国アンケート」の結果を公表した。7割近くが一斉休校に困惑し、子供たちの心と身体への負担を危惧しているほか、半数が「学校の授業の遅れを補塡(ほてん)する公的な教育支援」を望んだ。

休校措置に「困っている」と回答した保護者は68.1%。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。