【新型肺炎】内定取り消し防止を 経団連などに政府要請

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響で、採用内定の取り消しや企業説明会の中止が相次ぐなど、学生の就職活動に混乱が生じていることを受け、政府は3月13日、内定取り消しの防止や選考日程の後ろ倒しなど、2019、20年度に卒業・終了予定の学生に特段の配慮をするよう関係8団体に要請した。

要請文では、多くの企業説明会が中止・延期となり学生に不安が生じていることや、学生と企業が十分に理解する機会の減少が雇用のミスマッチにつながる危険性などを指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。