【一斉休校の現場から】非常事態に最優先すべきこと

臨時休校中、情報が錯そうする中で、学校は生徒や保護者とどのように向き合うことが大切なのか。家庭学習や4月以降の取り組みなど、学校現場に課せられた課題の解決は、一筋縄ではいかないだろう。その中で、教員は何を最優先に考えるべきか。全国高等学校長協会(全高長)会長の萩原聡・都立西高校長に聞いた。

学校方針を早期に共有
都立西高校は2月25日、校内独自に新型コロナウイルス拡大防止の取り組みを話し合い、翌26日に学校の方針や予防策をまとめたプリントを生徒に配布した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。