18年度教員免許状の授与件数 特別支援学校が大幅増

文科省がこのほど公表した「2018年度教員免許状授与件数調査」の結果によると、2018年度の教員免許の授与件数は、各校種で軒並み減少したが、近年増加傾向だった特別支援学校の教員免許は前年を大きく上回り1万3000件を超えた。

専修、一種、二種の各普通免許状の合計は20万4050件。校種別では▽幼稚園 4万9322件(前年度比1570件減)▽小学校2万8786件(同8件減)▽中学校 4万8226件(同209件減)▽高校 5万8435件(同1486件減)▽特別支援学校 1万3289件(同1157件増)▽養護教諭 4030件(同23件減)▽栄養教諭 1922件(同13件増)▽特別支援学校自立教科など 40件(同7件減)――だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。