【一斉休校】自ら学ぶ姿勢 「けテぶれ」の葛原教諭に聞く

「一斉休校」で懸念されているのが、子供の家庭学習。学校から多くの課題が出されたり、保護者が市販のドリル教材を買い与えたりしているが、子供が自ら学習する習慣を身に付けさせる視点も重要だ。宿題を通じて、子供が自ら「計画」「テスト」「分析」「練習」の学びのサイクルを回す「けテぶれ」を編み出した葛原祥太・兵庫県西宮市立夙川小学校教諭に聞いた。

「けテぶれ」を回せるような勉強を積み重ねよう
――突然の一斉休校に、葛原先生はどのような対応をしたのですか。
学校は3月3日から休校となり、終業式はその日に放送で行いました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。