EdTech推進と「1人1台」前倒し 経団連が提言

Society5.0を見据えた人材育成の在り方について検討を進めている日本経済団体連合会(経団連)は3月17日、初等中等教育を中心としたEdTechの活用方策に関する提言を発表した。提言では、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による一斉休校にも触れ、EdTechを活用した学習環境が整備されていれば休校にする必要性は低かったと指摘。文科省のGIGAスクール構想による1人1台環境の整備の前倒しを求めた。

提言によると、Society5.0に対応した人材を育成するためには、講義形式で一方向型の授業やICTの活用の遅れなど、学校教育の抜本的な転換や教員の業務効率化が必須であるとし、EdTechの活用が鍵を握っていると分析。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。