【一斉休校】長期化懸念 学校再開に踏み切る自治体続々

長引く一斉休校で行動を制限された子供たちのストレスや保護者の負担増に配慮し、3月16日から全国の公立小中高校と特別支援学校など1355校が学校再開に踏み切ったことが、17日公表された文科省の調査で分かった。静岡市、那覇市など新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が少ない自治体が大半。一斉休校に加わらなかった347校と合わせると、16日現在で休校していない学校は全体の5%に達した。また、卒業式に関しては全体の98%の公立学校で実施済みか実施予定としている。自治体それぞれの判断で、感染予防に配慮しながら学校に子供たちを呼び戻す動きが活発になってきた。

文科省によると、3月16日までに一斉休校を実施した市町村立の小中学校はともに99%に上る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。