英語民間試験の入試活用「現実的」 自民、文科相に提言

大学入試改革で焦点となっている英語4技能の評価方法について、自民党の文部科学部会と大学入試英語の適正実施に関するワーキングチーム(WT)は3月17日、萩生田光一文科相を訪ね、各大学の個別入試における英語民間試験の活用が「現実的である」と結論づけた提言を手渡した。提言では、来年度から導入される大学入学共通テストで、英語4技能のうち「読むこと」「聞くこと」を実施。「話すこと」「書くこと」については、各大学が英語民間試験を活用しながら個別入試で対応するよう求めた。

同WTは、昨年12月から4カ月間に12回の会合でヒアリングや検討を重ね、小学校から大学までの英語教育を見渡した英語4技能の育成・評価について現状や意義を整理し、改革の方向性を提言にまとめた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。