「ゲームは1日60分」 香川県議会で全国初の条例成立

インターネットやゲームの依存症から子供たちを守ろうと、全国初となる「ネット・ゲーム依存症対策条例」が3月18日、香川県議会で成立した。コンピューターゲームの1日あたりの利用時間を60分までとすることなど、家庭内で守ってほしいルールの目安を盛り込み、賛成多数で可決した。4月1日から施行する。

条例は18歳未満の子供が対象。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。