登校時の検温を義務付け 文科相、学校再開で警戒を強調

一斉休校が続いている全国の小中高と特別支援学校の再開を巡り、萩生田光一文科相は3月23日夕、臨時のぶら下がり会見を開き、「週末に(学校再開の)方向性を示したことで、やや間違ったメッセージとして受け取ってしまっている自治体もあるのではないかと心配している」と指摘。学校再開を新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた明るいニュースとして受け止める動きに懸念を表明し、「学校再開はこれまでの警戒を緩める趣旨では全くない」と強調した。その上で、3月24日に公表するガイドラインに「手洗い、うがいはもちろん、登校時の検温も義務づけるよう各自治体にお願いしたい」と話し、学校再開に当たって感染症対策を徹底するように求めた。

萩生田文科相は、まず「『休校延長せず』や『4月学校一斉再開』というような言葉が報道などで目につく」と述べ、学校再開を楽観的に捉える動きがあるとの見方を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。