中学校教科書で105点が検定合格 社会などで不合格も

文科省の「教科用図書検定調査審議会」は3月24日、総会を開き、2021年度から使われる、中学校の新学習指導要領に対応した教科書の検定結果を公表した。当初に申請のあった23社114点のうち、21社105点が合格。「社会」の歴史的分野と「技術・家庭」の技術分野でそれぞれ不合格があった。

検定に合格した教科書は20年度中に各地で採択が行われ、21年度の新学習指導要領の全面実施に合わせて使用が開始される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。