東北大が初の総合1位に 世界大学ランキング日本版

高校教員や学生が選ぶ、教育充実度ナンバーワンの日本の大学は――。英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」などは3月24日、「世界大学ランキング日本版2020」を発表した。総合順位では、昨年3位だった東北大学が初めて1位となった。一方、「教育充実度」の分野では秋田県にある国際教養大学が昨年に続き1位となるなど、各分野のトップは同じ顔ぶれが並んだ。

総合順位トップ10にランクインした大学

17年から始まった「世界大学ランキング日本版」は今年で4回目。日本国内278大学を対象に、「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で、各大学の教育力を測った。

その結果、総合順位は▽1位 東北大(昨年3位)▽2位 京都大(同1位)▽3位(同率) 東京大(同2位)▽3位(同率) 東京工業大(同7位)▽5位 九州大(同4位)――となり、国立大学がしのぎを削った。

教員数や論文数、大学合格者の学力、教員1人当たりの競争的資金の獲得数などを基にした「教育リソース」の順位は▽1位 東京大(同1位)▽2位 東京医科歯科大(同2位)▽3位 東北大(同4位)▽4位 京都大(同3位)▽5位 京都府立医科大(今回から対象)――となった。トップ20には、医科大学が多くランクインした。

各大学の学生を対象にした調査と高校教員の評判を反映した「教育充実度」は▽1位 国際教養大(同1位)▽2位 国際基督教大(同2位)▽3位 筑波大(同3位)▽4位 立命館アジア太平洋大(同5位)▽5位 北海道大(同7位)。

企業の人事担当者からの大学のイメージやTHEによる高等教育機関研究者の評判調査を踏まえた「教育成果」では▽1位 京都大(同1位)▽2位 大阪大(同4位)▽3位 九州大(同3位)▽4位 東北大(同7位)▽5位 名古屋大(同6位)――となり、国立大学がトップ5を占めた。

在籍外国人学生数や日本人学生の留学生数、外国語で行われている講座数などの割合を比べた「国際性」は▽1位 国際教養大(同1位)▽2位 立命館アジア太平洋大(同3位)▽3位 国際基督教大(同2位)▽4位 大阪女学院大(同4位)▽5位 梅光学院大(同15位)。

ランキングの公表に合わせてオンライン上で開催された「大学改革カンファレンス」で、THEチーフデータオフィサーのダンカン・ロス氏は「日本の大学は国際性に改善の余地がある。日本版の国際性の分野では、校名に『国際』を冠した大学と旧帝大が多くランクインした。旧帝大は外国人学生の募集が成功している一方、日本人学生の留学率を比較すると『国際』と名の付く大学が旧帝大を上回っている」と分析した。

次のニュースを読む >

関連
関連記事