集団感染の3条件を徹底排除 学校再開のポイントを読む

新学期からの学校再開を求めた文科省の3月24日付通知には、集団感染のリスクへの対応方法などを示した「学校再開ガイドライン」と、再開後に児童生徒や教職員の感染などが確認された場合に出席停止や臨時休校を判断する基準を示した「臨時休業の実施に関するガイドライン」の2つが、学校現場の指針として添付された。判断の背景にあるのは、前例のない3週間あまりの一斉休校で得られた、新型コロナウイルス感染症に対する知見の積み重ねだ。最大のポイントは、集団感染の発生につながるとされる、3つの条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)が同時に重なる場面を、学校現場から徹底的に排除することにある。平山直子・初等中等教育局健康教育・食育課長らの記者ブリーフィングから、ガイドラインの考え方を読み解いた。


保健管理の徹底を強調
新学期からの学校再開に当たり、萩生田光一文科相は「一斉休校を始めたときよりも状況が改善しているわけではない」と繰り返し、徹底した感染症対策が学校再開の大前提になっていると強調している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。