東京オリパラの延期 学校現場にもさまざまな影響

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、安倍晋三首相は3月24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と電話会談し、オリンピック・パラリンピック東京大会を2021年夏まで1年程度延期することで合意した。延期により、学校単位での大会観戦や部活動の大会など、教育現場にもさまざまな影響が出る可能性がある。

都内の多くの学校では、大会期間中に児童生徒らの競技観戦を予定していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。