時差通学や分散登校も 都教委が学校再開へ独自指針

東京都で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が急増し、首都圏での爆発的な感染拡大(オーバーシュート)が懸念される中、都教委は3月26日の定例会で、新年度からの学校再開の指針となるガイドラインを公表した。授業時間を減らして通勤ラッシュ時を避ける「時差通学」や、一日に登校する児童生徒の数を少なくする「分散登校」、身体接触を伴う動きの制限など、授業や部活動に大きな制約を課した都独自の感染拡大防止策を打ち出した。

文科省が24日に都道府県の教育委員会などに通知した、学校再開に関するガイドラインに比べ、児童生徒の感染リスクにつながる行動をさらに細かく制約している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。