「1人1台」家庭学習にも活用を 自民党議連が緊急要望

全国の小中高と特別支援学校の一斉休校で、遠隔授業などICT環境を活用した学習のニーズが一気に高まった事態を受け、自民党の学校耐震化・施設整備等促進議員連盟の議員らは3月26日、文科省を訪れ、GIGAスクール構想による「1人1台端末」など学校のICT環境整備の大幅な前倒しを求める緊急要望書を萩生田光一文科相に手渡した。一斉休校によって「日本の子供たちの教育環境が大きな危機にさらされている」と厳しい認識を示し、子供たちの学びを保障するために、学校が整備する端末を家庭学習にも活用できる環境を整備するなど、GIGAスクール構想のさらなる加速と深化を促した。

要望書では、学校のICT環境整備について、「今般のような緊急時において子供たちの学びを保障する観点からも大きな効果を発揮するもの」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。