文教関係は4兆円超 20年度予算成立 私立高実質無償化

2020年度予算が3月27日の参院本会議で可決、成立した。一般会計の歳出総額は過去最高の102兆6580億円。このうち文教関係は前年度当初と比べ30億円増え、4兆303億円となった。昨年10月からの消費税増税分を財源として、私立高校の授業料を実質無償化する。また、学校での働き方改革として教職員の定員を増やし、教員の業務を手伝う「スクール・サポート・スタッフ」も増員する。児童生徒の登下校時の見守りを強化する安全対策にも力を入れる。

私立高校などに通う年収590万円未満の世帯の生徒らを対象に、新年度の支給上限額を授業料の平均的な水準となる39万6000円に引き上げ、実質無償化する施策に4247億9500万円を盛り込んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。