東京都の学力調査 意欲や学び方を測る意識調査に変更

東京都教育委員会は3月26日、都が独自に実施している学力調査について、2021年度から教科の調査を取りやめ、児童生徒や学校に学習意欲や学び方などについて聞く意識調査に変更する方針を発表した。同日に開かれた都教委定例会で報告された。実施時期や対象学年も見直し、国が実施している全国学力・学習状況調査や市区町村が独自に行っている学力調査と住み分けを図る。

都教委では毎年7月に、小学5年生と中学2年生を対象にした独自の学力調査を実施していたが、全国学力調査や市区町村が独自に行う学力調査との重複や教員による採点業務の負担などが課題となっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。