就学援助の新入生向け学用品費 入学前の支給が大幅改善

文科省は3月27日、経済的に厳しい家庭に対して行われる就学援助について、2018年度実施状況の調査結果を公表した。「子供の貧困対策に関する指標」の一つである、進学時に支給される「新入学児童生徒学用品費」などの入学前支給の実施状況が大幅に改善した。

調査によると、18年度に、生活保護法で保護を必要とする状態になっている要保護と、要保護と同程度に困窮していると市町村教育委員会が認定した準要保護の児童生徒数は137万4897人で、前年度と比べ3万2191人減った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。