グローバル・ティーチャー賞 トップ50に日本人教員2人

世界各地で活躍する教員を表彰する「グローバル・ティーチャー賞2020」のトップ50に、日本人教諭2人が選ばれたことが、3月27日までに分かった。トップ50に選ばれたのは、東京都三鷹市立第一小学校の﨑村紅葉主任教諭と品川女子学院中等部・高等部の竹内啓悟教諭。日本人教諭がトップ50に選ばれるのは3年連続。2人同時に選ばれるのは、今回が初めてとなる。

図画工作を専門に指導する﨑村教諭は、ICTを活用して子供たちの創造性を育む実践に取り組む。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。