横浜市、短縮授業と時差通学で4月8日から学校再開

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染が拡大する中、横浜市教育委員会は3月30日、同市の新型コロナウイルス対策本部会議で、授業時間の短縮や時差通学などの対策を講じた上で、4月8日から市立学校の授業を再開すると報告し、了承された。小中学校などは授業時間を4校時までに短縮し、高校などは通勤ラッシュを避けるため時差通学とする。入学式は4月6、7の両日、規模を縮小して実施する。

短縮授業をするのは市立の小中学校、義務教育学校と特別支援学校。小学校では4月13日から給食を再開する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。