横浜市、短縮授業と時差通学で4月8日から学校再開

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染が拡大する中、横浜市教育委員会は3月30日、同市の新型コロナウイルス対策本部会議で、授業時間の短縮や時差通学などの対策を講じた上で、4月8日から市立学校の授業を再開すると報告し、了承された。小中学校などは授業時間を4校時までに短縮し、高校などは通勤ラッシュを避けるため時差通学とする。入学式は4月6、7の両日、規模を縮小して実施する。

短縮授業をするのは市立の小中学校、義務教育学校と特別支援学校。小学校では4月13日から給食を再開する。高校と附属中学校は1校時目を取りやめて午前10時ごろに登校し、午後3時から4時ごろにかけて下校する時差通学とする。部活動は中学校と義務教育学校後期課程で土日を含めて週3日以内とし、活動時間は平日2時間、土日は3時間以内とした。高校の部活動に関しては県と情報交換しながら決めたいとしている。

授業の再開にあたっては、集団感染発生のリスクが高い「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する場所」「近距離での会話や発声が行われる場所」の3条件を避けるなど、感染防止対策を確実に実施する考え。

授業短縮、時差通学などの実施は、感染状況の推移を見守るため、当面、4月30日までとした。5月1日以降の対応は、教育委員会が改めて判断する。

林文子・横浜市長は、同対策本部会議の席上、「学校の臨時休業は、3月3日から24日まで3週間にわたった。この間、児童生徒への教育面での影響が大きくなっているのではないかと、大変心配をしている」と説明。「今後、市内で感染が拡大した場合には、一斉臨時休業などを行う場合もある」と述べ、状況次第では再び一斉休校に踏み切る考えを示した。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集