学校再開見直しも 安倍首相「もう一度専門家の意見を」

新学期からの学校再開を巡り、安倍晋三首相は3月28日夕、首相官邸で開いた記者会見の席上、「コロナウイルスを巡る状況は、日々刻々変わっている。(学校再開には)子供たちの健康、命がかかっており、それだけ慎重な対応が必要だ」と述べ、近く政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の専門家会議を開き、改めて専門家の知見を求める考えを表明した。その上で「前の決定にこだわってはならないと思っている。(学校再開の決定は)当然、変わることはあり得る」と述べ、感染が深刻な地域では新学期からの学校再開を見直す可能性を示唆した。

安倍首相は会見の冒頭、文科省が3月24日に示した学校再開ガイドラインについて、「新学期からの学校再開に当たり、教室の窓を開けて換気を徹底するなど、3つの条件(密閉空間、人の密集、近距離での密接な会話)を回避する対策を教育現場で徹底的に講じ、子供たちの感染防止に万全を期す」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。