コンピューター学ぶ教科創設を 教育再生実行本部で提案

小学校段階からコンピューターについて学ぶ教科が必要――。自民党の教育再生実行本部は3月30日、「教育の多様性を考える特別部会」を開催した。小学校でのプログラミングの必修化を受けて、各地での教員研修や教材提供を行っている「みんなのコード」の利根川裕太・代表理事は、プログラミングやネットワーク、情報モラルなどを体系的に学ぶ教科「コンピューター」を小学校から設けるべきだと提案。主査の馳浩・衆院議員(元文科相)は、家庭学習への活用を含めたGIGAスクール構想の見直しに意欲を示した。

この日の会合では、政府の教育再生実行会議技術革新ワーキンググループの委員も務めた利根川代表理事の講演に続き、ウェブ会議システムで三重県と栃木県の小学校をつなぎ、新学習指導要領の全面実施を間近に控え、プログラミングやICT教育に先駆的に取り組む教員らへのヒアリングが行われた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。