学校安全計画の未策定 2割の私立学校で

学校保健安全法で策定が義務付けられている学校安全計画を、一部の私立学校が策定していないことが、文科省が3月31日発表した、2018年度「学校安全の推進に関する計画に係る取組状況調査」で明らかになった。国公立は全学校で策定していたものの、私立学校は85.4%にとどまった。

同じく同法で義務付けられている危機管理マニュアルの作成については、国立は全ての学校で作成していたものの、公立が99.9%、私立は88.3%だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。