個々の伸びをみる埼玉県学力調査 県外でも導入広まる

個々の学力の伸びを測ることができる埼玉県独自の学力・学習状況調査を、県外の自治体が利用する動きが広まっている。来年度からは新たに鳥取県と島根県益田市が導入を決めた。従来の学力調査と一線を画す学力調査が広まる理由はどこにあるのか。その理由を探った。

2015年度から始まった「埼玉県学力・学習状況調査」は、さいたま市を除く県内の公立小中学校の小学4年生から中学3年生を対象に、小学校は「国語」と「算数」、中学校は「国語」「数学」「英語」の各教科で実施している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。