アバターロボットで遠隔卒業式 大前学長から証書受け取る

大前研一氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー(BBT)大学・大学院の卒業式が3月28日、都内のホテルで開かれた。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、都知事から外出自粛要請が出た週末で、全学生がオンラインで参加。代表の学生らがアバターロボットを遠隔操作し、大前学長から卒業証書を受け取った。

大前研一学長から卒業証書を受け取るアバターロボット

同ロボットはANAホールディングスが独自開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」。遠隔からログインした学生らが分身として動かすニューミーは式典会場の入り口から大前学長のもとまで移動し、卒業証書を受領した。

大前学長は「世の中は時事刻々と変化しており、今回の新型コロナウイルスでも分かるように、20世紀の経済学が全く通用しない時代にある。皆さんは卒業まで大変な努力を重ねて来られたが、ぜひこれからも学び続けてほしい」と呼び掛けた。

アバターロボットで大前学長と記念撮影する学生ら

学生らは「まさか遠隔地から卒業証書を受け取れるとは思わなかった。参加でき、楽しかった」と感想を語った。

ANA広報部は「自分でアバターロボットを操作することで、従来のテレビ電話のようなオンライン中継映像の視聴とは全く異なる体験が得られる。よりリアルに会場にいるような体験ができる」と説明。同ロボットは、離島の学校が都内の博物館を遠隔で見学することなどにも活用されている。

次のニュースを読む >

関連
関連記事