文科相、GIGAスクール前倒しに意欲 家庭学習活用も

全国の一斉休校でオンライン授業に対するニーズが一気に高まっている状況を受け、萩生田光一文科相は3月31日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って政府与党で検討している緊急経済対策に、オンライン授業に対応するためのインフラ整備の必要性を提言し、2023年度までに「1人1台端末」を整備するGIGAスクール構想の前倒し実施を盛り込むことに意欲を表明した。また、全国の小中学生に1人1台整備する学習者用コンピューターを家庭学習に活用することについて、「こういう緊急事態では、非常に有効なツール。有効性は一定程度、私は認めていきたい」と述べ、実現を検討する考えを示した。

萩生田文科相は記者団との質疑で、「新年度からGIGAスクール構想を進めていこう、児童生徒に1人1台あたりの端末を整備しよう、とやってきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。