「基本的に学校再開」 文科相、地域の柔軟対応も求める

新型コロナウイルス感染症の感染が都市部を中心に拡大する中、萩生田光一文科相は3月31日の閣議後会見で、「子供たちの感染防止に万全を期した上で、基本的に学校を再開することが望ましい」と述べ、全国の学校現場に新学期からの再開準備を進めるよう改めて求めた。

一方、「東京都や大阪府のように、感染経路が分からない都市部もある」として、「地域ごとの判断により、新学期においても臨時休校を実施する可能性も視野に入れておく必要がある」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。