遠隔授業に対応 4月下旬にも補償金制度実施を前倒し

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による臨時休校に伴い、遠隔授業に乗り出す学校が増えていることを受け、文化庁はこのほど、現在未施行となっている「授業目的公衆送信補償金制度」を4月下旬にもスタートさせる方針を決めた。

現状では、遠隔授業で教科書に載っている文章や問題、音楽などの著作物を著作権者の許諾なしにネット配信することは、著作権法上の公衆送信権の侵害に当たる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。