遠隔授業のポイント 日本教育工学会がガイド

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による臨時休校で、遠隔教育が注目されている。地域によっては4月からの学校再開が難しくなり、遠隔授業を行うことが想定される。そうした状況を踏まえ、日本教育工学会は4月2日、遠隔教育の具体的な方法や注意点をまとめた学校向けガイドを作成した。

教育の情報化を研究、推進する同学会が作成した「学校と家庭をつなぐオンライン学習実践ガイド」では、授業や学校行事などをリアルタイムで配信する方法をはじめ、子供が自分の都合に合わせて動画を見たり、課題に取り組んだりするeラーニング、子供同士でのオンライン上での共同作業や成果物の交流など、さまざまな形態の遠隔教育についてイメージ図を添えて解説。実践事例や参考情報のURLも示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。