【学校再開に備える】時差通学から入試まで 高校の課題

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大が続き、4月から本当に学校を再開できるのか、全国の自治体は難しい判断を迫られている。特に高校では、通勤時間帯を避けた時差通学への対応から、就職や大学入試への影響まで、さまざまな課題がある。全国高等学校長協会(全高長)会長の萩原聡・東京都立西高校校長に、学校再開に向けた今後の見通しを聞いた。


通勤時間帯を避けた時差通学を実施
文科省の方針を踏まえ、都教委は3月26日に、学校再開に向けたガイドラインを都立学校に通知した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。