横浜市が20日まで休校を延長 さいたま市は5月6日まで

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大が深刻さを増している自治体で、休校期間を延長する動きが相次いでいる。4月3日は政令市の横浜市、さいたま市などが休校の延長を決めた。横浜市は授業時間の短縮や時差通学を前提に4月8日から市立学校の授業を再開すると3月30日にいったん決めたが、撤回。4月20日まで臨時休校するとした。さいたま市は大型連休終了日の5月6日まで臨時休校する。

感染拡大が収まらず、休校期間を延長する自治体が続いているのは、1日に開かれた政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で、「地域ごとの感染リスクに応じて学校の再開について検討していただく」との見解が示されたため。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。