教育実習、秋以降への変更を通知 「卒業年次を優先」

萩生田光一文科相は4月3日の閣議後会見で、教員免許状の取得に必要な教育実習について、本年度前期の実施を見送り、秋以降に変更するよう通知する考えを明らかにした。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、一部の地域で臨時休校が継続されることを踏まえ、年度前半の教育実習の実施は不可能と判断した。

大学や都道府県などの教育委員会に通知。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。