オンライン授業、標準授業時数に認める措置を検討 文科相

東京都などの休校延長でオンライン授業に対するニーズが高まっている状況を受け、萩生田光一文科相は4月3日、文科省で閣議後会見を行い、「できることはやっていくということを、各自治体と一緒に模索してみたい」と述べ、オンライン授業を標準授業時数の一部として認める措置を含めて検討していく考えを表明した。また、休校による授業時数の不足で中学3年生や高校3年生に受験への不安が広がる事態に備え、「緊急事態なので、受験生が大きな不公平を被ることがないような受験体制を作っていきたい」と述べ、大学や都道府県の教委に配慮を要請する考えを示した。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う、休校期間中のオンライン授業の活用については、4月2日に開かれた、政府の規制改革推進会議の新型コロナウイルス感染症対策に関する特命タスクフォースで、▽自宅でオンライン授業が受けられる ICT環境の早急な整備▽遠隔授業における受信側の教師設置基準を見直し、教師不在でも正式な授業に参加しているものと認める▽遠隔授業における「同時双方向」要件の撤廃▽高校、大学における、遠隔授業の単位取得数の制限緩和▽オンラインカリキュラムの充実――などが提案された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。