【学校再開に備える】感染防止へ 養護教諭の役割を聞く

新型コロナウイルス感染症による臨時休校は、東京都などが5月6日まで延長する一方で、感染者数が少ない地域では、4月6日から再開するケースも少なくない。学校再開にあたって、感染防止対策の中心的な役割を担うのが養護教諭だ。今回の臨時休校の対応に関して養護教諭を対象にしたアンケートを実施した戸部秀之・埼玉大学教授に、学校再開に向けて、養護教諭を中心に、学校と家庭がどんな感染防止対策を展開すべきかを聞いた。
突然の休校による副作用に注意

――全国一斉の臨時休校から1カ月が過ぎました。どのような点を課題として感じていますか。

臨時休校は、子供が集まる学校での感染を防ぐという意味では一定の効果があったと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。