明暗分かれる新学期 兵庫、愛知も休校延長 北海道は再開

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大が、東京や大阪など大都市圏を中心に深刻さを増す中、新学期からの学校再開を予定しながら、6日になって撤回する自治体が相次いだ。兵庫県と愛知県は週末に感染者が予想以上に増えたとして、愛知は7日、兵庫は8日に予定していた学校再開を取りやめ、ともに19日まで休校を継続することを決めた。一方、全国でいち早く一斉休校に踏み切った北海道は、感染状況が落ち着いてきたとして6日から学校を再開。新学期を迎えた学校の再開を巡り、地域の感染状況の推移に応じて明暗が分かれている。

感染者の急増を巡っては、東京都などで爆発的な感染拡大(オーバーシュート)の懸念が強まったことから、安倍晋三首相は6日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に1カ月程度の「緊急事態宣言を出す」と明言。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。