「介護等体験」も秋以降に実施 文科省が大学に検討要請

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の国内感染の拡大を受け、文科省は4月6日、教育実習に続き、小中学校の教員免許状取得に必要な「介護等体験」の今年度の実施についても、秋以降への延期を検討するよう大学などに通知した。基礎疾患のある人も多い特別支援学校や福祉施設などで教員志望者を受け入れることから、感染へのリスクを考慮した。

「介護等体験」は小中学校の教員免許状の取得に必要で、障害者施設や高齢者の介護施設、特別支援学校などで7日間以上、介護や介助、交流などの体験活動を行う。……