遠隔授業などでの著作物配信 今年度は補償金を無償化

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大で遠隔授業に乗り出す学校が増えていることを受け、萩生田光一文科相は4月7日の閣議後会見で、著作権法の改正で創設された「授業目的公衆送信補償金制度」について、当初の予定を前倒しして今月中に施行することを表明した。これに先立ち、同制度の指定管理団体である「授業目的公衆送信補償金等管理協会」(SARTRAS)は4月6日、制度がスタートする今年度に限り、特例措置として補償金を無償とすると発表した。

学校が教科書に載っている文章や問題、音楽などの著作物を遠隔授業の教材としてインターネット上で配信(公衆送信)するためには、現状では個別に著作権者に許諾を得る必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。