新学期の学校再開62% 7都府県は休校継続89% 文科省調査

3月から続く全国の小中高、特別支援学校などの一斉休校を受け、新学期から再開した公立学校は全国の62%にとどまったことが、文科省が4月7日に発表した調査で明らかになった。同日夜に政府が出した緊急事態宣言の対象となった7都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)では、公立学校の89%が休校を継続している。緊急事態宣言を受け、休校する学校がさらに増加する可能性もある。

通常通り新学期から再開した学校の内訳は、全体で▽公立 62%▽国立 57%▽私立 84%――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。