新学期の学校再開62% 7都府県は休校継続89% 文科省調査

3月から続く全国の小中高、特別支援学校などの一斉休校を受け、新学期から再開した公立学校は全国の62%にとどまったことが、文科省が4月7日に発表した調査で明らかになった。同日夜に政府が出した緊急事態宣言の対象となった7都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)では、公立学校の89%が休校を継続している。緊急事態宣言を受け、休校する学校がさらに増加する可能性もある。

通常通り新学期から再開した学校の内訳は、全体で▽公立 62%▽国立 57%▽私立 84%――。公立校を学校種別にみると、▽幼稚園 73%▽小学校 64%▽中学校 56%▽高校 61%▽特別支援学校 63%――などだった。

一方、感染拡大警戒地域として緊急事態宣言の対象となった7都府県では▽公立 11%▽国立 9%――にとどまった(私立は未集計)。

また休校を続けている学校を含んだ4718校が、短縮授業や時差通学などを実施すると表明。さらに9割以上の公立学校で、規模の縮小や延期などの措置を取り入学式が実施されることも分かった。

新学期も引き続き臨時休校を実施する方針を示しているのは全国で565設置者。各都道府県の臨時休校を実施する設置者数や、臨時休校終了予定日などは以下の通り。( )内は学校設置者である自治体の数。

▽北海道(1) 5月10日、▽青森県(3)  4月19日▽宮城県(6) 4月19日など▽秋田県(4) 4月15日など▽山形県(14) 4月15日など▽茨城県(17) 4月19日など▽栃木県(1) 4月12日▽群馬県(10) 5月6日など▽埼玉県(45) 4月12日など▽千葉県(33) 4月30日など▽東京都 (56) 5月6日など▽神奈川県(34) 4月19日など▽新潟県(3) 4月12日など▽富山県(1) 4月13日▽石川県(3) 5月1日▽福井県(18) 5月6日など▽山梨県(6) 4月19日など▽長野県(2) 4月12日など▽岐阜県(44) 4月19日▽静岡県(12) 4月19日など▽愛知県(55) 4月19日など▽三重県(4) 4月12日など▽京都府(7) 5月6日など▽大阪府(44) 5月6日など▽兵庫県(27) 4月19日など▽奈良県(9) 4月19日など▽和歌山県(5) 4月12日など▽岡山県(3) 4月13日など▽山口県(1) 4月17日▽愛媛県(8) 4月24日など▽福岡県(41) 5月6日など▽佐賀県(4) 4月19日▽長崎県(1) 4月12日▽熊本県(2) 5月6日など▽大分県(1) 4月19日▽宮崎県(2) 4月20日▽鹿児島県(1) 4月19日▽沖縄県(37) 4月19日など――。

次のニュースを読む >

関連