首相が緊急事態宣言 7都府県で外出自粛 学校の使用制限も

安倍晋三首相は4月7日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の席上、特別措置法に基づくによる緊急事態宣言を出した。対象は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県。5月6日までの1カ月間にわたって効力を持つ。対象となった都府県では、知事が不要不急の外出自粛や学校などの施設の使用制限などを緊急事態措置として要請できるようになる。

緊急事態宣言の発令後、記者会見した安倍首相は「専門家の試算では私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割、削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。