GIGAスクール2292億円 年度内に整備完了へ 緊急経済対策

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大による国民生活や経済への影響に対応するため、政府は4月7日夕、臨時閣議を開き、緊急経済対策を決定した。事業規模は過去最大規模の総額108兆円となり、GDP(国内総生産)の20%にあたる。対策にかかる経費を盛り込んだ2020年度補正予算案も閣議決定され、大型連休までの成立を目指す。文科省関連予算は2763億円が計上され、このうちGIGAスクール構想の関連予算が2292億円と8割超を占めた。臨時休校が長引く状況を踏まえ、2023年度を目標としていた児童生徒1人1台のPC端末整備について、今年度内の完了を目指す。端末を家庭学習にも活用できるよう、モバイルルーターの無償貸与や教員用のカメラやマイクも整備し、遠隔教育が可能なICT環境の整備を一気に加速させる。

GIGAスクール構想の関連予算については、「1人1台端末の早期実現」に1951億円を計上。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。