横浜市が教員の授業動画を配信開始 4月分の学習に対応

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、横浜市は4月8日から5月6日までの休校期間中に児童生徒の学びを支援するため、4月分の学習内容を盛り込んだ授業動画の配信を始めた。対象は、小学1年生から高校3年生まで。特別支援学校も含まれる。1本あたり10〜15分の全教科の動画を教科書に基づいて作成し、1週間ごとに100〜200本、4月末までに合わせて約500本配信する。

同市教委では、3月末から授業動画配信に向けた準備をスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。