教員の在宅勤務や時差出勤求める ガイドラインを改訂

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大に伴い、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県を対象に緊急事態宣言が出されたのを受け、文科省は4月7日、「臨時休業の実施に関するガイドライン」について、緊急事態宣言を踏まえた内容を追加した改訂版を通知した。対象地域で臨時休校を行う場合、教職員の在宅勤務や時差出勤の工夫に努めるよう求めた。

今回の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言で対象となった都道府県では、感染拡大を防止するため、知事が学校などの施設の使用制限や停止を要請することができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。