中学生35.4%、高校生40.6%が現状に「不安感じる」

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で臨時休校や外出自粛が長引いている事態を受け、中学生の35.4%、高校生の40.6%が「不安に感じる」と回答したことが、4月8日、若者を対象とした調査会社テスティーが発表した「コロナウイルスの影響に関する調査」で明らかになった。年齢が上がるほどに、不安は増加傾向になっている。

調査では、3月27日から3月30日にかけて、中高生と大学生4401人(中学生760人、高校生1921人、大学生1720人)を対象に「現状について、どのように感じているか」を聞いた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。