保育所や学童保育 知事要請なしで休園も 緊急事態宣言

新型コロナウイルス感染症による安倍晋三首相の緊急事態宣言を受け、厚労省は4月7日、緊急事態宣言の対象となっている都道府県内の保育所や学童保育について、知事から施設の使用制限の要請がなくても、運営の縮小や臨時休園を検討するなどの対応方針を通知した。医療従事者やひとり親家庭など、仕事を休めない事情がある場合についての保育の提供についても、配慮を求めた。

通知によると、知事から保育所の使用制限が要請されていない場合は、感染防止のため、在宅が可能な保護者に対して、子供の登園を控えるよう求めることが考えられると指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。