AI教材による標準授業時数の見直し 文科相「慎重に」

政府の未来投資会議(議長=安倍晋三首相)が、東京都千代田区立麹町中学校で行われたAI教材の実証事業を受け、文科省に標準授業時数の見直しを求めたことについて、萩生田光一文科相は4月10日の閣議後会見で、「この混乱の中で制度変更を早急にやるのは、結果として大きな誤解や過ちを生じることもある。中教審などと議論しながら、慎重に進めていきたい」と述べた。

4月3日に行われた政府の未来投資会議では、麹町中学校で2年間にわたって取り組まれた、COMPASS社のAI教材、キュビナ(Qubena)を活用した実証事業について、2年生の数学で授業時数63時間分の単元学習をわずか31時間に短縮して修了させるなど、標準授業時数を大幅に短縮して知識・技能の習得を果たしたとして高く評価。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。