改正著作権法を28日に施行 感染症対策で遠隔授業推進

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大が深刻さを増す中、小中高生や大学生らがインターネットを使って自宅で授業や講義が受けられる遠隔授業の環境整備を急ごうと、政府は4月10日、改正著作権法を同28日に施行する政令を閣議決定した。教師だけがいる教室から自宅にいる児童生徒や学生らに、授業の様子や講義資料をリアルタイムで送信することなどができるようになる。

教科書に載っている文章や問題、音楽などの著作物を遠隔授業で使う教材としてインターネット上で配信するには、著作権者の許諾を得る必要があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。