感染拡大で再びの休校や期間延長 北海道などで相次ぐ

新型コロナウイルス感染症の拡大により、学校を再開したものの、再び臨時休校としたり、休校期間を延長したりする自治体が相次いでいる。4月13日までに、札幌市などの北海道内の一部地域と宮城県、山形県、三重県、熊本県などで、それぞれ休校の方針を決めた。各自治体の対応をまとめた。


北海道
北海道と札幌市は4月12日、札幌市内で感染が再び拡大していることを受け「緊急共同宣言」を発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。