学校再開、全国で38%に減少 緊急事態宣言で休校増加

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、新学期から再開された学校は全国で38%に減少していることが4月13日、文科省が発表した調査で分かった。4月10日時点の状況をまとめた。文科省が先に公表した4月6日時点の調査では、公立学校の62%が再開するとしていたが、10日時点の調査結果では、実際に再開していた公立学校は36%にとどまっていた。学校を再開した自治体でも、札幌市が4月14日から再び休校する方針を示すなど判断は揺れており、今週になって再開している学校はさらに少なくなっているとみられる。

4月7日に政府の緊急事態宣言が7都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)を対象に出されたこともあり、栃木県、群馬県、滋賀県、奈良県など7都府県の隣接地域を中心に、改めて休校を決めた自治体が多かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。